忍者ブログ
知って得する?! 生活のお役立ち情報です。
Admin・:*:・Write・:*:・Comment
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ローン会社は過払い金返還請求を受けると、拒否することができませんので、和解書が2通、郵送されてきます。

・まず記載されている返金額が合っているか確認してください。
・次に返金される日付と銀行口座が合っているか確認してください。
 
(返金は口座振込みで行われます。)
・良ければ、署名、捺印を行して、1通をローン会社へ郵送します。

☆所定日、指定口座に、入金されていれば、すべて完了です!

和解書の取り交わしで、気をつけなければならないのは、
・和解書を取り交わすことで、そのローン会社との取引はすべてなくなると言うことです。
例えば、ローン会社1社に2件の借入があったとします。
この場合、2件とも取引がなくなりますので、1件にまだ残金がある場合でも、その残金は一括して返金しなければならなくなると言うことです。

例)
      取引履歴の残金   過払い請求後の残金      補足説明
ローン1   100万円    →   -50万円       50万円プラスで戻ってくる
ローン2   200万円    →   100万円       まだ100万円借入が残っている
  合計     300万円    →    50万円       差額の250万円は、支払い必要分

この例では、相殺すると50万円 ローン会社へ返金が必要となってくるわけです。
つまり、ローン会社へ一括で50万円払うか、50万円払い終わった時点で請求することになります。

この場合、私は後者の方を、おすすめします。

ちなみに、和解書の一例です。


現在、3百万円ほどの借金が、ゼロにはなりませんでしたが、50万円程度まで減らすことができました。当然月々の返済も...。

数ヶ月前に比べると、ホント夢のようです。

次回は、自分で過払い請求するときの、ポイントを、「ウシ君ぶろぐ」で、整理しておきたいと思います。 

PR
*コメント投稿*
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
*Trackback*
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ウシ君のパパ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright©ウシ君ぶろぐ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 中華素材*ASIAN SOZAI
Template by わらみ~
忍者ブログ [PR]